新譜、旧譜のレコメンド、松江周辺のイベントその他インフォメーションをNU RECORDS的目線でお届けします!※店舗は2008年2月に閉店しました。


CALENDAR
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
QR FOR MOBILE
携帯の方はコチラから!
UT on NU
COMIC
CONTACT US
LINKS
ABOUT US
SPONSORED LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
CHOICE [ kaaamaitachiii 01-01 ]
こんにちは!松江が誇る健康優良パーティー集団”3D SYSTEM”のJACK担当kaaamaitachiiiです。3D関係の文章、小話をごくたまーーに書いたりしてます。週末は大体うれしいワインを片手に京店周辺を徘徊、毎回怒られてばっかりの僕ですが、「お前はもっと文章を磨け!」ってことでこのCHOICEのコーナーを担当させて頂くことになりました。ははー!

突然ですが、普通に考えたらかっこ悪くてダメなおじさんなんだけど、何かセクシーでかっこいいおじさんっていますよね?僕の中では日本人ならリリーフランキー、アメリカ人ならウディ・アレンです!!!
このおじさん(今73歳だから最早おじいちゃん)、こんなにハゲ散らかしててちんちくりんなのに何でこんなにセクシーでかっこいいんだろうって思います。

僕は映画をあんまり見る人ではないけど、ウディの映画さえあればいい!映画と言えばウディ!って言えるくらい大好きなんです。
監督、脚本、主演をこなすこの人の映画には、10秒に一回ぐらい死ぬほどかっこいい名台詞が転がってて!


「科学も神も信じない、僕が信じてるのは死とセックス、それだけだ」


こないだ見たスリーパー(死ぬほど笑った〜!)のラストシーン、このセリフにウディの基本が集約されてる。そして僕もその2つはこの嘘だらけの世の中で疑いようのない真実だと思います。
死を恐れて突き詰めてるからこそこんなに人間味溢れておかしくて愛しい映画ができるんだろうなって。
ところでセックスと死って似てるよね!フランス語でした後に寝ることを小さな死っていうし。
パーティーも小さな死だなーってよく思います。ちゃんと死ぬためにむちゃくちゃに飲んで、その中で一生懸命生きて、朝が来て、毎回死ぬんです。その繰り返しです。

何でそんなことしてるかって?

「人にはイリュージョン(幻影)が必要だ。空気が必要なように。」

〜影と霧より〜


ああウディ!神様なんていないけど僕にとってあなたは神様みたいだよ。神経質で、インテリでスケベで情けないあなたの言葉は、なんて優しくて心に刺さるんだろう!人間バンザイ!!

「人生は<悲惨>と<惨め>、この二つしかないと僕は思う。<悲惨>は不治の病だったり体の不自由な人たちのことで、<惨め>はそれ以外のみんなだ。だから惨めなことに感謝しなきゃね。惨めな君は、つまりラッキーなんだ」

〜アニーホールより〜

アニーホールはどこのビデオ屋にも置いてあるので見たことなければゼヒ!僕も久々に見たら感じ方が変わっててビックリ!さらに感動!ちょっと大人になったんだなー多分。

ANNIE HALL

ANNIE HALL
[ 1977, 脚本、監督、出演:Woody Allen ]


----------
kaaamaitachiii PROFILE
MY SHIT IS LIKE青春の光とイナズマ 3D SYSTEM JACKMASTER K シカゴハウスから放課後系ハウスまでゆりかご超特急ヘヴィー級テクノ繰り出すカオス飛びます!トビマス!!ヘンドリクスアシッドエクスペリエンス頂上ロマンス突破!!!! ハッ!おれがDJ kaaamaitachiii aとiが多いのはaiが溢れてるから 普通じゃ面白くないから killer サン・ラ!!!裸!!!!!
> 3D SYSTEM SITE
| CHOICE | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [TFC 01-04]
気分的にボンヤリやっており文才もないので感覚的に「最高!」としか感想述べれない為、我がブログでも、全く音楽の紹介せず・・・。(というか出来ず)
こんな僕らがこのコーナーを依頼されたのは、とても光栄でした。
紹介も勢いでしたもので、前回の至高のビーチボーイズは、最終回にもってこれば良かったなと、後悔しながらこれを書いています。さらに、前回紹介しそこねたのを少し・・・。名盤ペットサウンズの追記ですけど、以前聞きすぎた、名盤ゆえに、あまり聴かなくなっている事ないですか?映画『50回目のファースト・キス』観るときっと、「ペットサウンズ」が再び聴きたくなりますよ。ネタバレするので、映画の紹介は、少しにしますが、記憶障害の女性と、一途な愛を貫く男とのコメディタッチの映画です。ペットサウンズ聴いた事ある人は、是非見て欲しい作品・・・。ペットサウンズは、一人1枚持っていてほしい名盤なので、持ってない人は、是非購入して、聞いて欲しいです。曲、演奏、楽器、色々な面で素晴らしい1枚ですが、個人的に歌詞の素晴らしさを推したいと思います。ですので、英語苦手な方は、日本版の和訳付きをオススメしておきます。
大好きなビーチボーイズの話は、尽きませんが今回はこの辺で・・・。

HEARMAN DUEN

HEARMAN DUEN / I Wish That I Could See You Soon

今回紹介するのは、スウェーデン系ユダヤ人、ハーマン・デューン兄弟を中心とするユニット、「HEARMAN DUEN」のI Wish That I Could See You Soonです。

アコースティックでやわらかい、ボーカルとコーラスで、そよ風、太陽、草原、煌びやかな1曲。2007年1番聞きました。この曲を聴いていると、衝動的に外に飛び出し、良く解らない遊びを開発し、父の代から変わらず何故かブジギと称される(本当は、永島商店)駄菓子屋やへ通ったり、池、沼、川、海、水が溜まって入れば、バカみたい釣りをしていた・・・そんな色々楽しく、世の中の景気や将来の不安などツマラナイ事なんて微塵も考えてなかった子供の頃を思い出します。曲名からして、ラブソングなのかもししれないけど、強がらず、頑張りすぎず、無理をしない「自然体=子ども」な感じがするからかもしれません。PVも曲のイメー ジとマッチした自然体で素晴らしい。(you tube で見れます。

最後に・・・4回に渡りお付き合いして頂きありがとうございました。どこまで、伝えたい事が伝わったか解りませんが、これからも、「仲間」「青春」をテーマに、こだわらないこだわりをもってやっていきたいと思います。 駄文失礼しました。 TFC
| CHOICE | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [ TFC 01-03 ]
新年あけましておめでとうございます。グズグズしているうちに、すっかり年をまたいでしまいました。すみません…今年もよろしくお願いします。

世界経済が大変な事態へと急変した2009年は、個人的にもいろんなバブル(?)がはじけとび、ガラリと変化した激動の1年でした(大袈裟ですが)。

そんな年末、部屋の大掃除にてBEACH BOYSの名盤「PET SOUNDS」を発見。偶然の再会をきっかけに、年末年始、繰り返し繰り返し聴くことになりました。関連の本とかも読んだり。こたつに首までもぐりこみながら1曲1曲聴いていると、あっという間にアルバム最後に入っている犬の鳴き声にたどり着いて…作者ブライアンの思考の3%ほども理解できてないと思いますが、本当に何度聴いても新たな発見があるという素晴らしい作品。これからも大事にします、一生(大袈裟でなく)。

兄弟、いとこ、クラスメートというメンバー構成のビーチボーイズ。その寄せ集め(失礼)な感じにも勝手に親近感を持ってしまいます。今回紹介するのは、仲間モノの流れということで、その名もズバリの「FRIENDS」を。ペットサウンズの2年後に発売された、ジャケットの雰囲気そのままのふんわりとした穏やかなアルバムです。

小吉のおみくじでスタートした2009年、ギリギリの内容が記されていましたが、どうか穏やかな1年になりますように…!

FRIENDS

BEACH BOYS / FRIENDS
[ CAPITOL,LP,1968 ]
| CHOICE | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [ TFC 01-02 ]
「TRIPLE TRAVEL」今年も楽しかったです。イベント自体、DJも楽しいけれど、セカンドロイヤルの皆さんとNURECODSの皆さんと1年に1度イベント出来るその事自体が最高に楽しかったりします。前回紹介したdesmond &the tutusもですけど、「仲間が集まる」ってだけで、何か楽しそうだなと思います。TFCの年末は、中学の頃からだったか、随分前から大晦日に集まって年越すという事をしています。特に何をするという訳では無く、コタツに入ってTVみたりファミコンしたり、年明けには、妖怪神社に初詣、夢みなとタワーで 初日の出と書初め・・・と結構どうでもいいような事を毎年してますが、毎年飽きず何故か楽しいのです。

遠藤賢司

遠藤賢司 / 寝図美よこれが太平洋だ
[Polydor,LP,1971]

今回紹介するのは「遠藤賢司/寝図美よこれが太平洋だ」です。ウクレレのメロディに乗せて愛猫「寝図美(ねずみ)」とエンケンが戯れる様の歌詞がなんともボンヤリとしてやさしい曲です。この曲には、笑い声や口笛や曲が始まる前の話声や1度やり直したりと、色んな意味でいいかげんな録音がされています。でも、この自然な感じが、和気藹々として楽しく集まってセッションしてるが素直に伝わって良いです。ちなみに参加メンバーは、ウッドベース・細野晴臣、ニーズ・松本隆、足踏み・鈴木茂と豪華。
| CHOICE | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [ TFC 01-01 ]
いよいよ今月20日、NAKED SPACEにて開催の『TRIPLE TRAVEL』にNU RECORDSさんと共に4年連続で関らせてもらっております(ありがとうございます!)TFCといいます。よろしくお願いします。

小学校の頃に、チーム「TFC」を結成して早20年近くになりますが、映画でも音楽でもマンガでも「青春・仲間」みたいなモノがずっと好きです。最初に影響を受けたのは湘南爆走族でした。自転車でしたけど。で、次が金八で…

desmond & the tutus

desmond &the tutus / kiss you on the cheek
[tigersushi,12",2008]

南アフリカのとある村のとある学校。問題児クラスメイトが集まって「バンドやろうぜ!」と結成されたかどうかは知りませんが、アフリカ発、衝撃バンドの衝撃デビューEP。NYのVAMPIRE WEEKENDとも共鳴するような南国よりもより南国(?)な最高曲となっております!YOU TUBEで見られるプールサイドでのライブ映像も現地の雰囲気がバシッと伝わってきて素晴らしく衝撃です。

----------
TFC PROFILE
結成18年(!)。 "Bacafessional"、 "COLIOPAN CAPSULE" @NAKED SPACEなど、オールジャンルでポップな選曲、メンバーののんびりした個性で誰でも気軽に参加できるイベントを提供すると評判のパーティーチーム。 SECOND ROYALよりRUFUS、COLLETTE、2005年よりHALFBY、FREDO、HANDSOMEBOY TECHNIQUEを迎えた『TRIPLE TRAVEL』をNU RECORDSと4年連続共同開催するなど精力的に活動中。
| CHOICE | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [KANDORI, TAKAAKI 01-03]
先週に引き続き今週も経営についての堅い話を(笑)。

私事になりますが一昨年辺りからBLOG等で「忙しい」とか「昨日も呑みに行って。。」等の発言を辞めました。これは恩師に注意されたのですが当店でレコードを購入して頂いてるお客様は僕の「忙しい」とか「昨日呑みに行った事」等については全く興味が無いからです。むしろ毎晩呑みに行って忙しいとか言ってる店主から果たしてレコードを購入する気持ちになれるか??と考えるときっとお客様は購入しないでしょう。
それ以来、僕の私事はさておきお客様にとっての優位性ばかりを追求しています。
店舗では良いレコードが他店よりも安く見易い陳列になっているか(ちなみに当店は見にくいです。。)??
安く商品を出すためにはどうしたら良いか??
通販ではより多くのライバル店との競合にさらされますから良いレコードを持ってるだけでは駄目(勿論、良いレコード有っての商売ですが)で如何にGOOGLE等の検索に引っ掛かりお客様の目に留まり易いか??
更に当店のWEB SHOPで購入させる気になるか??
試聴は付いているか??
注文までのシステムの流れは便利か??等々。

こういう色んな問題点を毎日スタッフと話会いながら1つずつ地道に潰していきます。
スタッフ等に僕が口を酸っぱく言ってる事は「ここで働いている以上、音楽が好きなんて当たり前だ。そんな為に当店で仕事している訳じゃ無い。」「最も重要な事は音楽を売りながら人生勉強する事だ。」
更に堅くなってしまいましたね(苦笑)。みんな僕にビクビクしてますよ。

KOUSHIK

KOUSHIK / OUT MY WINDOW
[ STONES THROW,LP ]

HIP HOPという自由なフォーマットを使った最高の1枚。日本からこういったB-BOYが出現する日は来るでしょうか??。 > LINK
| CHOICE | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [KANDORI, TAKAAKI 01-02]
先週は僕が経営オタクになってます。。みたいな所で終了しましたが今週は僕の経営理念について。

当店が経営理念は「適正な価格で良い商品を提供し続け更にお客様のサービスに沿ったサービスの充実です。」ただシンプルにそれだけです。
なんかとっても堅い文章ですが「餅は餅屋」みたいな部分がありましてお客がレコード屋に求める最たるポイントは「良いレコード」だと思います。
あとはレコード以外の部分のサービスの充実ですね。通販の送料や決済方法などまだまだ課題だらけです。
良くこれは経営本に出て来る下りですがマクドナルドは世界一美味しいハンバーガーで評価された訳で無くほどほどの味だが販売能力と物流等で他のライバル店と差別化した。みたいな話なのですが如何にお客にとって便利で有益な店であるか??は常に自問自答しております。
来週はそれをどうやって実現するかの話を。

SADISTIC MIKA BAND

SADISTIC MIKA BAND / THE BEST MENU [ TOHSHIBA ]
木村カエラを迎えて再始動した話題も記憶に新しいですがこちらはオリジナル。外人にもやたら人気。 > LINK
| CHOICE | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [KANDORI, TAKAAKI 01-01]
こんにちは。そして初めまして。
広島でSTEREO RECORDSというレコード屋を経営しております神鳥(カンドリ)と申します。
NU RECORDSの飯塚さんとはNU RECORDSへの委託という仕事を通じて知り合ったのですが、こうして長くお付き合い出来る事を嬉しく思いますしこの場を与えて頂き大変感謝しております。

私のお店のスタイルですがスタンダード(標準)をモットーに商売しておりましてダンス・ミュージック・オンリーとかレア盤オンリーといったスタンスでは無く巷に溢れる安いレコードでもこんなに良い音楽がありますよ。といった感じでレコードを販売させて頂いております。
実際、音楽って値段で聴くものでは有りませんし¥300のレコードにも素晴らしい物も沢山有りますよ。
レコードの価値って流通量に需要と供給が合わさって決定されるので値段で全てが決定する事は有りません。

ビジネスマンっぽい下りが続いたそんな僕が現在、ハマっているのが会社経営。
元々はただの音楽好きだったのですがこんなにも経営にハマり経営オタクになるとは自分でも思いませんでした(苦笑)。
そんな会社経営及び僕の店のポリシーについてはまた次回にでも。

本日紹介のレコードはそんなジャパニーズ・スタンダードとも呼べそうな1枚で僕の一生のお供です。

SONGS

SUGAR BABE / SONGS
[ NIAGARA,1975]

日本の音楽史上に燦然と輝く大名盤!!A2「DOWN TOWN」、REGGAE DISCO ROCKERSもカヴァーしたA3「蜃気楼の街」を始め全曲捨て曲無しのクラシック!! > LINK
----------
神鳥孝昭 (STEREO RECORDS代表) PROFILE
幼少の頃から音楽を聴き漁り(中学校はBOOWY)、05年10月にSTEREO RECORDSをオープンさせる。近年はレコードよりも経営オタク化が進む今日この頃。
> STEREO RECORDS WEBSITE & ONLINESHOP
| CHOICE | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [MARGARET01-04]
Kiyotaka Hatanaka

Kiyotaka Hatanaka
「Columbia Road Flower Market」[2003, Utrecht]

私のchoiceも最後になりましたところで、写真集を一冊。といってもとてもお手軽な写真集です。A4版でホチキス止めという装丁ですが、どうして、なかなか練られた紙の選び方とフォントの配置。中身はそれぞれ手に花束や鉢植えをもった老若男女で、これはロンドンのコロンビア通りで毎週開かれる花の市にでかけて、花を買った人々の写真集です。
家族へ買って帰るのか、友人への贈り物か、または一人暮らしの部屋にか。植物を手にした人は、果たしてこの後どうしたのか、まだまだ人生は続いて行きます。
| CHOICE | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHOICE [MARGARET01-03]
ゴールディのお人形

M.B.ゴフスタイン 作 / 末盛千枝子 訳
「ゴールディーのお人形」[2003, すえもりブックス]

ある映画のシーンで、テーブルにランチョンマットを敷いて、お皿もカップもカトラリーも揃えて、それにハムときゅうりだけのサンドイッチに紅茶のお昼をたべているシーンがものすごく印象に残って、その通りにまねしてたべたくなるように、この絵本を読むに連れ、テーブルに道具を並べて、こつこつものを作りたくなります。黙々と作る事に没頭して、一日を終えることがなんて魅力的に映るのでしょう。ゴールディーさんの絵本はどれも、小さな幸せを手のひらにのせてくれるあたたかさがあります。
| CHOICE | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |